プロフィール

松本です

Author:松本です
シックハウス、化学物質過敏症、アトピー、アレルギー、喘息等現在の生活環境内で目に見えない空気質による、多くの健康被害について真剣に少し思い出話しを交えて、これからの子供達に良い環境を残して行ければと考える。
顔に似合わず意外にまじめな男です!

     


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 以前水の私達の基本について書き込んでみましたけど、昨日のプールの当番で改めて!!!


 今の水道水は、水道局の努力により各家庭に戻っています、「水道局の回し者ではありません」凄い沢山の汚水を処理して(凄い現在の事ですから、風呂洗い、紙染め材、市販入浴剤、トイレの洗剤)等々数え切れない化学物質の量です。

 自分達の使用した水が長い旅の末にですよね、以前も書き込みましたが、塩素が良いとも思いません、が塩素が無ければ今の水道水は本当に蛇口をひねっただけで、と考えると。
 
 塩素バンザーイ、塩素ありがとうだと思います。

 だけど、今問題とされているのが、塩素が酸化したり化学変化によりトリハロメタン(総称)と言う物質が発生して、ハッキリしないみたいですが、あまり人体には良くないみたいです。塩素もしかりです。

 とても難しい問題ですよね!

 しかし最近の浄水器はフィルターもしっかりしていてて、ほとんどの「塩素含め」不純物を取り除いてくれてます。

 人間て賢いですよね。

 でっ!各社差が無くなり、特徴が無いので、還元水だとか、活水器だとか、水の粒子クライスターがとか、で競争されています。

 また飲み水には結構気を配っておられる家庭多いですけど、風呂や洗顔の時に皮膚よりの進入の方が怖い事を少し考えてみてください。


 口から入れる物は多くの内臓器官により、尿や汗より体内に蓄積されている化学物質を排出してくれます。

 皮膚の下は、細胞で直ぐに血管が流れていますよね、いくらかの皮膚よりも防御機関は有るにしても? 

  どの様に、思われます!!

 空気にしても、しかりです!!!

 塩素水の中で無邪気に遊びまわる子供達、決め事の優先順位を少し考えてみたいですよね?
 
 走ったら行けない、飛び込んだらいけないと、親達が決めたルールの中で子供達は??

 もっともっと知っていただきたい、今の時代の不思議を勘違いを真剣に考えていきたいですね。

 また、明日!!!!!
スポンサーサイト
 少し体調が戻ったような、戻ってないような??歳ですかね?

 色々考えることも有り、最近肉体的なものだけでなく、精神的な物も多く左右されている様です。多くのつらい経験をしてきて、少しぐらいの事ではへこたれないのですが!

 多くのしんどい体験して来ても、これでよいって事は無いみたいで、またまた肥やしにして頑張らないと!!!!

 昨日小学校のプール当番に出て、改めて子供たちの無邪気さ純真さに触れることが出来、子供たちの為に、何があってもやりきらないといけないと気持ちを新たに考えました!


 私たちが子供の頃には消毒剤を「カルキーって言ってた様な」(白い粒)投げ込んで、それを潜って拾い上げたりして遊んでました。最近は無いみたいですね、他に何かを使用しているのか? 

 
 丁度水質検査されてましたけど、水道水の中に多くの塩素が含まれているから大丈夫なんですかね?

 夏場には塩素量増えること知ってます?

以前のアトピーの奥さんが夏場の水道水が冬場よりピリピリする気がしますって言われてましたけど、身体は素直ですよね、私たちはその方の事を人間測定器と呼ばしてもらってました。

 処置をしてない住宅に入ると瞬間にかゆみが襲ってくる方で、ホームセンターには入れない方でした。


 極端な話子供たちは塩素水の中で泳いでるんだって、色々な事を考えながら、事故の無い様に監視していましたが、やれ、走ったらいけない飛び込んだらいけない、難しいルールあるみたいで可哀想に思ったのは私だけなんでしょうか?


 子供の頃から、細かく色々な事決められて大変だなって、我々が子供の頃は少々の事はなく、自分達のルールの範囲で楽しくやっていたような?
 でも近所には必ず怖いおじさんがいて、よくしかられたものです!

 昨日もメガホンを渡されて悪い子供がいたら注意してくださいって言われたんだけど、これでどついた方が良くわかるんじゃない、ビシッとどついてあげますって言ったら、それだけはやめて下さい!ってお願いされました!!
 ソフトを教えに行ってる知り合いの方なんですけど、ソフトの時にはビシビシ言っているんだけど、最近は物を教えるにしても遠慮しないといけない、難しい時代ですね?やりにくいけど、私は私のやり方を貫きたいですね!
 厳しさの中の優しい強さ、実際子供達にはわからない事は無いと考えるのは私だけでしょうか?  
   昔的な考えはNGなのか?

 なんか今日は精神的な想いばかりに成りましたけど、これからの診断士事務所の仕事についてのとことんこだわった、ものの考え方を理解していってもらえればうれしいのですが!

 話グチャグチャになってしまいました、明日も監視から気が付いた今の生活の勘違いかなって事について、書き込んでみます!


 展示物に関しての一つ一つの調査報告書を頑張って作っています。

 商品一つ一つの良し悪しでなく、物の必要性とか商品の人に対する優先順位を少しずつでもわかっていただければが我々の想いで基本です!


 では、また!!!!
 よく水があうとかあわないとかいいますよね、地方地方で水の成分が違うのでしょう。生まれたときからその地方の水で育っている人の体に馴染んでいるのでしょうね。

 我々が考えるに、水の基本は水の中に不純物が無い事が一番だと考えます、その地方その地方であうあわないは長年その土地から湧き上がる水には色々な地層や形状により、ミネラル成分とか少しづつ微妙に異なっているんでしょう!だから色々な味があって美味しく感じたりするんでしょう。不純物の無い純粋な水は味気無い美味しいとか感じることの無い水です、自然の力の偉大さを改めて考えさせられます。


 現在浄水器にしても、各社のフィルター優れていますから、ほとんどの不純物は除去することは可能です(水道水に含まれる塩素等)しかし少し疑問に思うのは活水機とかありますが、フィルター無しで、磁器で水を生き返らせる、粒子を小さくする。色々な事を聞きますが、確かに良いこともあるのかもしれませんし、その事を信じる事を信じる事で精神的に心地よく思えること事態は凄く良いことだと考えてます。

 ここで私が思うことは、我々に今一番必要な水に対しての何が一番大切なのか、優先順位を再確認していかないと考えています。

 昔お世話になった先生が肝硬変になられて治療も手遅れのときに私も
肝臓に良い水と聞きある場所まで水を頂きに行ったことがありました、多くの方がそこの水で元気になられたと聞いています。本来自然界にある原始の水と言うか生きた水には多くの不思議な力があるんだと考えています!

 もっともっと水についても、空気同様考えていかないといけない分野だと考えています。

 明日は空気質について簡単に書いてみたいと思いますが、我々が現在考えているシックライフ、あまりにも分野広すぎて話しがあっちこっち飛んでしまいますが、少しでも知って頂ければと考えてます!

 人間水がなければ生きていけないのは皆さんもよくご存知ですよね!
日本は美味しい水が豊富で、空気、水はただで手に入ると考えてきたものですが、最近飲み水については買うのが当然の時代になってきました。  何時頃からなのかよく覚えてませんよね!

 子供の頃には学校で運動した後には、蛇口に口をつけて平気でがぶ飲みしてた事をよく覚えてます。今は子供達も学校に水筒持っていく時代になってしまい、またそれが当たり前の時代になりましたが、何故なのでしょうか?

 現状の多くの下水を再生させ水道に返すには凄い事だと考えています
何故なら多くの排水の中には、色々な化学物質が混ざっています、例えば、風呂から流れる、石鹸水、掃除用洗剤(マジックリン、カビキラー等々)自宅用髪染め剤、風呂からだけでも凄い量です、他に台所、トイレ考えただけでも想像を絶する人工化学物質の宝庫ですよね、それを下水処理してまた各家庭帰るのですから、水道局に感謝する気持ちで一杯なのです。

 塩素処理をしないと不可能に近い状況だと思います、塩素という物質のおかげです、ただ塩素も良い物とは言い切れません!

 出来れば塩素が無い方がいいに決まってる、だから飲み水には気を使われているのは当然!本当に口から入る水だけ注意すればいいのでしょうか? 人間の内臓には多くの工夫によりある程度の化学物質なら色々な機関(例えば肝臓)で尿や汗で体外に出してくれます、内臓器官を通過しない、洗面での洗顔や風呂などの肌に直接接する部分は、皮膚の下は、直ぐ細胞で血管が流れています。
 皮膚からの進入のほうが不気味に思うのは私だけでしょうか?

 よく浄水器などを設置されている家庭はありますが、風呂や洗面の水まで気を配られている家庭は見受けられません、女性は特に肌など特に気を使われているのですから、大切だと考えるのですが?

 また明日水についてもう少し書きます。 今日はこれで!

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。