プロフィール

松本です

Author:松本です
シックハウス、化学物質過敏症、アトピー、アレルギー、喘息等現在の生活環境内で目に見えない空気質による、多くの健康被害について真剣に少し思い出話しを交えて、これからの子供達に良い環境を残して行ければと考える。
顔に似合わず意外にまじめな男です!

     


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 自分が子供の頃、よく母親とその日の食材を商店街に買い物に行ったことを覚えています。

 当時は旬の食材しかなく、今のように全国の食材が、季節に関係なく食べれる様な時代では無かったことを記憶しています。
 歩きながらコロッケを新聞紙に包んで喜んで食べてました。

 その当時のことを考えると便利でありがたい世の中になりました。
 
 防腐剤、食品添加物、多くのものが有るからこそ、週一回の買い物ですみ、冷蔵庫に保管しておけば一週間程度へいき、便利で楽ですよね!しかし、食材が腐りにくい、何日も保存できる、少し疑問に考えてみる事も必要では無いかなって考えますけど、私だけ?(お笑い女性風に)

 笑い話ですが、最近葬儀屋さんが遺体が腐りにくいから、昔よりドライアイスの量いらなくて楽だ、しっつかり日頃から防腐剤入りの食品を食べさせていただいているからな?

 少量でも日々の蓄積、塵も積もればが、体の中でおこっている怖い気がしますよね、食べるものだけでなく、初日の空気の一日の使用量から考えると、少しぞっつとしませんか?

 少しづつでも、身の回りの事を見つめ直して疑問に思うことが必要になるんじゃないかなっと考えます。

 今日も取り留めの無い話でしたけど、お疲れ様でした!

 


スポンサーサイト
はじめまして!

 シックハウス診断士事務所を新しく開設します。

 昨今食べ物や水に関しては結構気をくばられておられる方は増えてきましたが、空気に関してはあまり重きをおかれてない方が大部分では無いかと思います。

 実際食物の一日の摂取量を1キログラムとすると、水分は2キログラム目に見えない空気はなんと重量に直すと13キログラムにも及びます。

 なぜ寝ているときも起きている時も必ず必要とする空気に関してはあまり気を使われないのでしょうか?

 食品に関しては、農薬など使用制限、水に関しても、買われて飲まれる
ほどの気をくばられている現在、一番多くの摂取される空気にはあまり関心が無いのでしょうか?

 あたりまえに毎日お金を払わなくても頂ける物だからでしょうか?

これから室内や職場環境、子供たちが学ぶ教室などの空気について
少しずつ日記として書いていきますので、よろしくお願いします。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。