プロフィール

松本です

Author:松本です
シックハウス、化学物質過敏症、アトピー、アレルギー、喘息等現在の生活環境内で目に見えない空気質による、多くの健康被害について真剣に少し思い出話しを交えて、これからの子供達に良い環境を残して行ければと考える。
顔に似合わず意外にまじめな男です!

     


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 おはようございます。
 
 普通に睡眠がとれ、毎日なんとも無く目覚める事が当たり前と思える体質で凄くありがたいと考えますが、処置後の奥さんのホントに、かゆみも無くてぐっすり寝れて凄く気持ちの良い朝をむかえる事が出来、ありがとうございます。って翌朝のメールをもらった時には嬉しかったのですが、あまり奥さんと子供さんの気持ちがその時点では実感として、ハッキリよくわかりませんでした。
 確かに部屋の空気がきれいになり、多くの揮発の元になっている物の除去により確実に以前の生活より数段に良い空間にはなってるのは当然だと考えていましたから。
「実際私は健康体に見える本当は化学物質中毒??ただ肌の強い精神的鈍感な人間で、本当に困られてる方々と同じ経験を持って無く、物質的な物の知識や処置方法しか頭に無く。本当に必要な精神的なフォローの重要性もその時点では分からなかったのが真実です。」 今から考えれば、優しさや思いやりの気持ちの無い頭でっかちの少し冴えない人間みたいでした。
 少し余談が長すぎましたね!

処置の話に!

 まず、寝起きの場所、「畳」「布団」もちろん室内空気について

 今一番気を付けないといけない部分「畳から」
 はじめに全国の畳屋さんを敵にまわす気もありませんし、非難するつもりもありません、皆が皆悪意を持っておられるわけもないし、少しでも低価格でよい物をって考えておられる畳屋さんばかりだと思っていますので、そこの部分はよろしくお願いします。

 例えば ワラ畳(藁)現在はあまり使用されていませ、昔の方の知恵って凄いですよね、日本の気候(多湿)にぴったり、畳の下の畳下って板があるのですが、梅雨の時期は湿気を吸って板が膨張し(板同士がひっつき)床下からの湿気を遮断し、板に含まれる湿気や人から出る汗やなんかを藁のストロー状になっている部分が吸収してしまう。空気が乾燥してくれば、板も収縮し隙間が出来その隙間から藁が吸い取った水分を放出する、自然の物質(生きてる物)の能力って言うかまたその力を利用して、自然な循環を考えていた、古来の知識。本当に凄い事ですよね、何かのちゃんとした理由があって使用されてきたんだと!!!
 ただ藁畳の藁を昔の様な手法、「ダニカビ防止の為に」で作業していたら凄く手間がかかりコストがかかりますよね。(ちなみに現在も本物の畳を手がけておられる業者もありますが、1枚が高額になるためあまり普通の住宅の方々は使用されません。)その為に手っ取り早く薬品に漬け込んで使用すれば手間はかからない、単純な事です、今の時代のニーズには答えていると考えます、ダニ、カビもわかずに低価格でお客さんへ、と言う事ですよね!
 最近ではスタイロ畳って発泡スチロールを使用した物もありますが、やはり多くの添加剤、可塑剤等々で出来上がった化学の力の商品で素晴らしい技術です。
イグサの畳表でもすべて同じことです。
 畳だけとってもまだまだありますが、ホントきりの無いぐらいです。
何が言いたいかと言えば、その一つ一つの商品の中に何の物質が使用されているか理解し対応を考えていかないと、正しい除去も出来ない、使用している方への正確なアドバイスも不可能だと考えてみてくださいね。ただ単に大した理由も無く除去した処理したと言えば?何かうさんくさい、化学物質より嫌な臭いがしてきますよね、今の時代はホント気を付けないと?
 肝心な話はまた明日に!
 また話が長くなりすぎて、読まれたりするのも嫌になられると思いますので、今日はこの辺で終わりますが、なんしょんなら柳沢、ごっちゃんゴールも決めれんのか!!!!で終わります。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

松本さん
こんちは。書き込みありがとうございます。
ブログは初めてなので、マナー違反等あればお許しください。まだ良く分かっていません。
確かに、健康住宅の類は松本さんのおっしゃるっとりだと思います。
ですから『無添加住宅』が今までの健康住宅と違うところをこれからブログで皆さんに伝えていこう思っています。今後ともよろしくお願いします。

こちらこそ、初めて間もないのでよろしくお願いします。
 
色々なやり方があると思いますので、他の方の非難や中傷をするつもりもありません、ただ将来的な子供達の為に本当に正しいことをと考えています。自分の思い込みや考え違いは素直に見つめなおして、真実だけを伝えて行ければと考えていますので、よろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sicklife.blog68.fc2.com/tb.php/19-7b65a21b


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。