プロフィール

松本です

Author:松本です
シックハウス、化学物質過敏症、アトピー、アレルギー、喘息等現在の生活環境内で目に見えない空気質による、多くの健康被害について真剣に少し思い出話しを交えて、これからの子供達に良い環境を残して行ければと考える。
顔に似合わず意外にまじめな男です!

     


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 人間水がなければ生きていけないのは皆さんもよくご存知ですよね!
日本は美味しい水が豊富で、空気、水はただで手に入ると考えてきたものですが、最近飲み水については買うのが当然の時代になってきました。  何時頃からなのかよく覚えてませんよね!

 子供の頃には学校で運動した後には、蛇口に口をつけて平気でがぶ飲みしてた事をよく覚えてます。今は子供達も学校に水筒持っていく時代になってしまい、またそれが当たり前の時代になりましたが、何故なのでしょうか?

 現状の多くの下水を再生させ水道に返すには凄い事だと考えています
何故なら多くの排水の中には、色々な化学物質が混ざっています、例えば、風呂から流れる、石鹸水、掃除用洗剤(マジックリン、カビキラー等々)自宅用髪染め剤、風呂からだけでも凄い量です、他に台所、トイレ考えただけでも想像を絶する人工化学物質の宝庫ですよね、それを下水処理してまた各家庭帰るのですから、水道局に感謝する気持ちで一杯なのです。

 塩素処理をしないと不可能に近い状況だと思います、塩素という物質のおかげです、ただ塩素も良い物とは言い切れません!

 出来れば塩素が無い方がいいに決まってる、だから飲み水には気を使われているのは当然!本当に口から入る水だけ注意すればいいのでしょうか? 人間の内臓には多くの工夫によりある程度の化学物質なら色々な機関(例えば肝臓)で尿や汗で体外に出してくれます、内臓器官を通過しない、洗面での洗顔や風呂などの肌に直接接する部分は、皮膚の下は、直ぐ細胞で血管が流れています。
 皮膚からの進入のほうが不気味に思うのは私だけでしょうか?

 よく浄水器などを設置されている家庭はありますが、風呂や洗面の水まで気を配られている家庭は見受けられません、女性は特に肌など特に気を使われているのですから、大切だと考えるのですが?

 また明日水についてもう少し書きます。 今日はこれで!
スポンサーサイト

コメント

こんばんは☆

そうだったのですね!!
今まで飲み水などにはとても気を遣っていたのですが、シャワーやおふろ等の直接お肌に接する水はほとんど気にしていなかったです。
考えてみたら怖いですよね…。
いろいろと勉強になりました♪
またお邪魔させていただきます(^^) 

身近にはもっと気にしないといけない部分が多くあります。

 少しずつ、色々な事書き込んでいきますから!

 何か知ってみたい、気になることあればコメント残しておいてください、ブログに書き込みますから!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sicklife.blog68.fc2.com/tb.php/6-6d638ede


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。