プロフィール

松本です

Author:松本です
シックハウス、化学物質過敏症、アトピー、アレルギー、喘息等現在の生活環境内で目に見えない空気質による、多くの健康被害について真剣に少し思い出話しを交えて、これからの子供達に良い環境を残して行ければと考える。
顔に似合わず意外にまじめな男です!

     


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 まず、一番大切な酸素から簡単に書いてみますね。

 地球上で人だけでなく多くの生き物にとって最も重要な空気中の構成要素ですよね!

 普通20~60kpaの範囲ならほとんど何の影響も受けること無いでしょう。人間にとって濃度60%までなら健康に影響が無い見たいです。ただし酸素中毒の様に(100%)急性の影響が現れる事もあります、「潜水士」さんの様な職業ですかね、一般の方一般環境で急性の酸素中毒になる可能性はほとんど無いです。 

 高濃度酸素での問題はよしとして、濃度低下の影響をすこし!

 一気圧で15.8%以下では脈拍、呼吸数の増加、精神作業能率の低下等です。 
 
 同じく11.8%以下では判断力の低下、精神不安定、体温低下、チアノーゼ等です。

 また9.2%以下では短時間のうちに意識不明、痙攣、チアノーゼ

 また5.9%以下ではほとんどが瞬間的に呼吸停止、6~8分で心臓停止と言った具合です。

  18,5%以下を下回ると急激に不完全燃焼による一酸化炭素の発生量が増加するみたいで、自宅での燃焼物(ストーブ)等しっかり換気しましょう!もう今からは関係ないですね。

 一番身近な話題は、酸素付加で「気分リフレッシュ」する器具類が販売されてますけど、この様な行為が人を高濃度酸素環境に順応され、息切れしやすくなってしまう恐れがあるかもしれませんね!


 あまり今日は面白くない内容でしたね!

 たまに、診断士らしいコメント書くときもありますので、ごめんなさい!  

  ならまた明日!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sicklife.blog68.fc2.com/tb.php/8-bc560fe7


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。