プロフィール

松本です

Author:松本です
シックハウス、化学物質過敏症、アトピー、アレルギー、喘息等現在の生活環境内で目に見えない空気質による、多くの健康被害について真剣に少し思い出話しを交えて、これからの子供達に良い環境を残して行ければと考える。
顔に似合わず意外にまじめな男です!

     


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 暑くも無く、寒くも無くちょうどいい気候ですよね!

 松井 秀喜凄いですよね!


 私も野球はずっとしてきましたが、練習はやはり嫌いでしたが、何であんなにしんどいのに野球を続けてこてれたのか???

 学生の頃は仕事でもなく、上下関係意味もなく厳しく、とても不条理な感じでしたからね!

 練習以外のほうが、しんどくてね!

 ただ、どうしても忘れない感覚・・・・・

 バッターボックスの中で、ここで打ってばのプレッシャーのなかで、サヨナラヒットとか、サヨナラホームラン打った時の開放感って言うか、どうしようもない緊張感の中での、対応できた時の・・・・


 本当に言葉では説明しずらいけど???

 まあ、忘れられない快感なんでしょうね。

 プロの選手が良く引退とか考えるのに、その瞬間の快感とか、悔しさが・・・

 特に打てなかった後の悔しさが、次のバネになるんですけど、若い時みたいに悔しくてがむしゃらに、って感覚がなくなってくる!

 たぶん、肉体的ってよく言いますが、精神的な気持ちが薄らいでいくでしょうね!

 私も野球してて、打てなかった時の悔しさや打った瞬間の快感、年とともにどっちでもいいや・・・って感じに段々なっても来ましたよ!


 ただ、昔のプライドがある分だけ、まだバッターボックスに入った時には、気持ちが蘇るって感じですね!

 成せば成る、成さねば成らぬ・・・・・

 本当にそうですよね、気持ちの問題が一番です。。

 松井も今まで大きな怪我をしてきてなく、初めての大怪我で試合に欠場して、外から野球見れて・・って。

 違った面で、バッターボックスに入れる緊張感とても、気持ちよかったんでしょうね!・・・それが4安打に・・・じゃないかな!

 気持ち・心の持ちようは健康にも凄く関係するみたいですから。

 シックハウス・アトピー・化学物質過敏症等々でお困りの方も、まずは、今の自分の辛さ理解してくれる人がいるかいないかの、気持ちもてれば少しは・・・なんじゃないかと考えます。

 今日も一日頑張りましょう!


 では!・・・
 早稲田の投手の手ぬぐい(ハンドタオル)が話題みたいですね!

 私もタオルでは、良い想い出がありますよ?

 高校時代とても好きな人がいて、甲子園出場が決まってその子からハンテン「足のマーク」のスポーツタオルもらったんですよ!

 とても,うれしかってね!!!

 スポーツタオルでしょ、何とか開会式にお尻のポケットにいれて行進するのですが、それでなくても大きなお尻???

 ぽっこり???へんてこでしたし、少し恥ずかしかったんだけど、一緒に行進したかった!!

 凄げえ・・・・・純粋で清らかな時代・・・あったんです!

 私でも????今はと言うと、何も変わりが無い、ガキをそのまま大人になったみたい??

 少しは大人になったんだから、「もう何年も」今始まった事では無いのですが、もう少し器用に、何でも割り切って物事考えれば良いと思いますが、人間性格変わらない???

 ただ、いちがいなだけか?   少し考えますが!

 仕方ないってあきらめます。

 
 そうそう、早稲田の投手の子もひょっとしたら彼女からもらった物かもしれませんね??

 言ってくれたら、オーガニックコットン間違いなしの吸水率120%
の良い生地紹介してあげたのに!!

 今流行ですけど、本当にオーガニックって、皆さん確認された事有りますか? 3年間だったっけ?少しど忘れ!!!

 無農薬の土壌で生産された物ですけど、この無農薬がまたくせ者??

 また、おいおいお話していきますけど、何とか良い物に見せようと色々な商品表示!!

 騙されちゃならんぞ、大吾朗!! うん、ちゃん!!

 おがみ いっとう(子ずれ狼)漢字わからなかって?

 世の中の勘違いの世直しの旅は続くのであった!!!

 水戸黄門の方が良かった感じですね? なあ格さんやって感じで、少し今日は、意味も分からずハイテンションな朝でした!


 やれ、現場にいって、基礎やさんと、墨出ししてこよう!!!

 では、また!!
 

 
 昨日の決勝戦は良い試合で、お互いの子供達に「勝ち負けはありますけど」一生忘れられない良い夏になりましたよね!


 頑張っても頑張っても、絶対出来ない経験、スタンドで一緒に応援してた子供達にも、関係の方々には、最高の想い出!

 歳をいくらひらっても、この時期になれば何か熱くなる思いや気持ち、私自身にとっても何か良く分からないだけど、大切な想い出!

 私も甲子園には行く事出来たのですが、ほんと「栄冠は君に輝く」の音楽聞いただけで、こらえきれない気持ちでついつい涙が???


 恥ずかしくて、何とか誤魔化しますが、声が涙声!!

 何なんでしょうね! この気持ちは???

 20年以上経つことなんですけど。

 駒大の選手達の試合終了後の、がんばったと言う清清しい涙の無い敗戦、やりきったて思いでしょうね!

 ほんと全てのプレッシャーから開放されたって感じですね。

 結果はありますが、本当に良く頑張ったって! 凄い子達ですよ。

 口ばかりの、自分の事しか考えないつまらない政治家、「何で政治家?」まあいいか、何かよりホント偉いと思います。

 私も甲子園で負けた瞬間、ずっと負けたらいけないと言う気持ちで過ごしてきたから、これで開放されたって、あんどの気持ちで、涙も出なかったですからね!


 実際私たちの「その当時」強くも無いチームで甲子園に出れたこと事態奇跡でしたし、その中でキャプテンつとめ、目に見えない、プレッシャーの中での生活から、少しでも早く開放されたいと言う素直な気持が、どこかにあったのも確かですよ!


 今日から携帯を使って書き込みできる事知ったから、何か良い情報あれば逐一書き込んでいきますね!

 パソコンの前でしかブログが書けないと思い込んでいた、パソコン音痴に何かが起こる?????

 では、また!!
 甲子園! 
 
 高校球児の聖地!

 今でも開会式のチャンチャカチャンチャン、チャンチャカチャンチャン、チャチャチャチャ「栄冠は君に輝く」ジーンと来て青春の汗が目から吹き出てきますよ。
 
 子供になんで泣きょうるんって!!!

 馬鹿やろう、泣きょうらんわい、黙ってテレビ見とけいってな感じで
それ以来、開会式は1人で見ています!


 駒大苫小牧、色々問題がありましたが本当に凄いと思いますよ、まだ今日の結果で三連覇達成出来るか?は、どうかはもう関係なく、決勝まで進んだと言う事自体、素晴らしい!

 どちらにしても今日の試合は、大量点差が付いての試合になると思いますけど?

 今回感じた事は、ただ単に勝たないといけないと気持ち執念があっても、いくら良い選手が集まってても、一発勝負の大会で、まして地方大会から負けられない、まして先輩が残してきた二連覇、凄いプレッシャーの中でと考えます。

 本当に素晴らしい子供達だし、指導者達だと思います。

 最近は何かあれば、すぐ親が出てきてガタガタ言って!不思議ですし以前駒大で部長がある生徒の叩いたって、親が!!

 ホントそのニュースを聞いている時になんと情けない、悪い事したら怒られる、叩かれる、昔の野球部まして先生なら何でも無い事!!

 多分自分の息子かなんかが、レギュラーで出れなく親同士でもいがみあいかなんかあってか、金目当て!嫌ですね!!
 確かに自分の子供はかわいい、だけどもう少し????

 確かに現在は変な平等意識があり、つまらない図々しさ持っておられる人も多く見受けられますけどね!

 人からもの無償で教えてもらう、何でもそうですけど、知識その指導される経験を、「まあこんな言い方したら?」ただで教えてもらえるのに、教えてもらう方の態度が? 

 最近は教える方が気を使う様な事が多すぎる、変な感じですね???


 その中で駒大素晴らしい事だと思います。

 駒大のピッチャーより早稲田のピッチャーの手ぬぐいで汗をなでる様な少しええ男の方を応援される女性達は多いみたいだけど!

 おっちゃんは、不細工でもいい、たくましく育ってきた駒大のピッチャー応援しようっと!

 
 野球に関しての私なりの持論って言うか、結構ちゃんとした考えがあるのですが、またおいおい書き込みます。


 思考は現実化するって簡単に言いますし、何かそれに付随したマニュアルなんかもありますけど、いくら考えても、思い込みだけでは試合には絶対勝てない!!!それ以上にまだ何かが???

 個々の持つ勝ち運が一番大切なのかも?

 ギャンブラーでもある私の考えです。

 追い込まれて、いちかばちかの時にさらりと何気なく決断出来簡単にこなす、そんな男になれれば!
 
 私個人の美学ですが?
 
 そんな選手が多いチームが勝てるような気がします、上手い下手よりは、精神的タフ差を持ち合わせた子供の多いチームの勝ちでしょうね!


 鹿児島工の今吉君は吉本興業ドラフトナンバーワン指名確実の様な感じするのはわたしだけでしょうか?

 では、また!

 
 今日は少し日常生活の話題から離れて・・・・・

 勝負事の話を!

 サッカー残念、選手も頑張ったのですが、頑張っても結果がすべて、私も勝たないといけない野球を続けてきて思うのですが、見ていて感じたことは流れ的に逆転されるような嫌な空気を感じてました、しかし残り10分で3点はさすがに?

 私も甲子園に出場したことあるのですが、当時甲子園に行くことが最大の目標であり、皆で何とかと頑張り夢の甲子園に行く事が出来たのですが、その時点出場決定の瞬間何とか一試合は勝って校歌を絶対聞きたい、皆心の中で感じていたことは確かでした、当然気持ちが一つになり一回戦は勝つ事が出来ましたが。二回戦目の強豪との試合でも終盤までリードしてましたが結局逆転負け、とても悔しい思いしました。

 今になり昔の話をしていたときに、私は弱い我々でも甲子園に来たからには真紅の大優勝旗を持って帰りたい、甲子園出場が最大目標から、もっと大きな目標にと気持ちを切り替えました、しかし、他のナインが今になって言う事は強いチームに勝てると考えてなかった、夢の甲子園に出れて初戦も勝てて本当は満足してたと聞いた時、相手のチームは甲子園に出るのは当たり前、甲子園で優勝することを目標に個人個人が考えてるチーム、もう満足と考えながら試合しているチームと、どうしても勝つんだと必死のチームでは、誰が考えても結果は明らかですよね!
 大きな気持ちを持つこと、達成した時点でのさらなる目標設定が必要なことは当然、川口や中田の気持ちは凄く見える気がするのですが、FWのYとTには何か見ていて感じるものが無いのは私だけ?
 あえて2人のFWのファンの方には申し訳ないのですが、どうしても点を取りたいと言う姿に見えないのですが?勝つための自分の任せれたポジションでの気持ちが感じられないような気が!

 結果論で皆好きなこと言うし、評論家的に勝手なことを言いいますが勝負事に一番肝心な事は見せ掛けでない、心の奥底にある本当に勝ちたいと考える気持ちしか無いと感じます。腹を割って気もちを見るわけにもいかないから、難しいですよね!

 なんかダラダラ愚痴っぽく書き込んでますが、もう一つ、根本的な違いは、農耕民族と、狩猟民族の血の差でしょうね!
 何があっても餌を捕まえないと明日が無いと必死に追い掛け回す血と
収穫の時期が来るまで辛抱強くその日その日を頑張る、根本的な執念の差が違う気がしますよね!

 なんか今日はつまらない話でごめんなさい、明日からまた日常生活の事について書きます。
 
 

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。